シラタマホシクサ

お盆が過ぎ9月になると、近くの公園の一角に「シラタマホシクサ」が咲き出します。東海地方固有の植物で、絶滅危惧種に指定されているとのこと。

毎年撮っているのですが、今年は秋の長雨が続き、期待した光に出会うことができません。

仕方がないので、以前撮った写真をアップします。

古本屋でみつけました

岐阜市内で毎年開催されている写真展を見終わった後、これまた定番のコース。古本屋へ物色です。ありました、「前田真三」「田淵行男」、そして「Ansel Adams/Master of Light」

思わず3冊お買い求めでした。

Ebony カメラ

愛用カメラが終わってしまいました。世界のカメラマンが愛した大判カメラの製造元、Ebony が今年の8月末をもって営業終了です。FaceBookには、大判カメラユーザーから、閉鎖を惜しむ声が寄せられました。

私も、長年大判カメラはEbonyと決め、8×10を2台 5×7を2台 4×5を1台 坂梨社長にいろいろ注文をつけて作ってもらいました。

ただ、Ebonyカメラ所有者でつくる 「エボニークラブ」は残すとのことです。これが一つの救いです。 ありがとう!

Ebony Logo

Ebony Logo

坂梨社長と最後の8x10

坂梨社長と最後の8×10

この女性は、大判カメラの使い手です

この女性は、大判カメラの使い手です

最終制作の8x10

最終制作の8×10

訪問者お二人

春めいてくるこの時期には、我が家にお客様がおいでになります。

でも、今日はお二人でした。庭の木にたくさんのごちそうを吊るしておいたら朝からうるさいほどでした。

二羽が同じ木に

二羽が同じ木に

周りには誰もいないかな?

周りには誰もいないかな?

警戒気味に

警戒気味に

激しく動きます

激しく動きます

まわりをきょろきょろ

まわりをきょろきょろ

冬の開田高原

久しぶりに冬の開田高原に出かけました。最近はモノクロ写真を撮り始め、雪景色を求めて出発です。目的地の途中で霧に包まれた薄ぼんやりとした景色に遭遇。霧とか雪は普段の景色を変えてくれます。

開田高原にて

開田高原にて

開田高原にて

開田高原にて

霧が動きます

霧が動きます

何かとても好きな雰囲気です

何かとても好きな雰囲気です

面の木の雪景色

2月になりやっと冬らしくなりました。愛知県に「面の木」というところがあります。ここは四季を通じて、森がいろいろな表情をみせてくれます。

やっとここで雪の風景をみることができました。

雪がいつもとは違う表情をみせます

雪がいつもとは違う表情をみせます

森に雪の花が

森に雪の花が

青空に映えます

青空に映えます

一味違って、カラーネガで撮影

一味違って、カラーネガで撮影

冬の上高地

今年もお正月は、上高地で年越しでした。毎年経験する粉雪が舞い、そして厳冬とは程遠いまるで春山のような上高地でした。

ぽんたろう、もうすぐ1才

新しく我が家にやってきた「ぽんたろう」は、もうすぐ1才です。日増しに悪戯が目立つようになりました。

ここならば見つからないかな?

ここならば見つからないかな?

じっと上を見て!!

じっと上を見て!!

玄関先でお留守番ポーズ

玄関先でお留守番ポーズ

近くの公園で

自宅近くの公園では、四季桜が咲いています。真っ青の冬空を背景にひときわピンクが遠くから目立ちました。光線状態を考え、午後から早速デジカメを持って撮影しました。

第11回美しい風景写真100人展

チョットうれしいお知らせです。「美しい風景写真100人展」に今年も出展で来ました。昨年に続いて、2回目の連続出展です。

作品のタイトルは、「海苔粗朶とともに」です。撮影場所は、愛知県知多半島、ここは12月から3月ごろにかけてノリ養殖のために、海苔粗朶が出現し、特に夕方は、素晴らしい風景になります。

カメラは8x10を使用しました。

11回美しい風景100人展

日本各地を巡回する写真展ですので、お近くにおいでの時、ご興味がおありの方はご覧ください。